ディーン・フジオカ、初の絵本が発売決定 支援プロジェクトもスタート

 
ディーン・フジオカ、初の絵本が発売決定

 歌手・俳優のディーン・フジオカ(DEAN FUJIOKA)が自身初となる絵本「ふぁむばむ」(本体1500 円+税)が完成。4月9日に発売されることが明らかになった。この絵本の収益(初版分)の一部と、クラウドファンディングによる支援金を、国際NGOセーブ・ザ・チルドレンを通じ、アジアの子どもたちへの絵本寄贈等にあてる支援プロジェクトも開始された。

【画像】絵本の表紙と見開きページ

 絵本は、ディーン自身のファンクラブ「FamBam(ファムバム)」で愛され育まれてきたFamBam Monstersたちが旅に出るかたちで始まり、広義での“家族”をテーマにしている。ウルトラかいじゅう絵本シリーズなどを手がけてきた人気イラストレーター・ヒカリンが絵を担当。読者のイマジネーションを拡げるような1冊に仕上がった。「理解し合い、愛し合うことの大切さを実感するためには、他者との共感、他者への感化が必要不可欠です。この絵本が、双方向に働くイマジネーションの力を育むきっかけに繋がりますように」というディーンの願いが込められている。

 アジアの子どもたちに絵本を通して学びの機会を提供する支援プロジェクトも、ディーンの働きかけにより実現に至ったもの。ディーンは「これまでのキャリアにおいてさまざまな経験を重ねた場所でもあり、多くのサポートをいただいてきた、この日本を含めたアジア。その未来を作っていく次世代の子どもたちに向けたプロジェクトを遂にスタートすることができて、いま自分自身とてもワクワクしております」と、コメントを寄せている。

■DEAN FUJIOKAコメント(全文)

この度、初めての絵本「ふぁむばむ」が完成しました。
この絵本はモンスターたちが人間界に旅に出る事で始まる物語です。

“FamBam”とは、“Family Always Means Backing Any Member”の略称で「いつ、どこにいても、家族の様に、お互い支えあえる仲間」という意味を持っています。2016年に僕のファンクラブを立ち上げた日が僕の誕生日でもあったので「もし何かの形で祝っていただけるのなら、お家で余っている保存食などを寄付していただけないか」とお声がけしたところ、たくさんの方の御好意でなんと1.5トン分の食糧が集まり、それを本当に必要としている方のためにフードバンクへと届けることができました。それがファンクラブ“FamBam”の活動の始まりでした。

そんな“FamBam”の世界を彩るのがFamBam Monstersたちです。彼らは姿形や性格の全く違う個性豊かなモンスターたちであり、元々は皆様に親しんでいただければという考えのもと生まれ、ファンクラブ“FamBam”の中で愛され育まれてきたキャラクターです。絵本「ふぁむばむ」にはこのFamBam Monstersたちが登場します。

そして今回、この絵本「ふぁむばむ」を通してセーブ・ザ・チルドレンさんと一緒に支援プロジェクトを行います。

絵本の売上からの寄付金、クラウドファンディングからのご支援は、セーブ・ザ・チルドレンさんと共に、“アジアの子どもたちに絵本を通して学びの機会を提供”するプロジェクトの活動費として使用させていただきます。

これまでのキャリアにおいてさまざまな経験を重ねた場所でもあり、多くのサポートをいただいてきた、この日本を含めたアジア。

その未来を作っていく次世代の子どもたちに向けたプロジェクトを遂にスタートすることができて、いま自分自身とてもワクワクしております。

絵本を通じて子どもたちと共にカラフルな未来を作っていけるプロジェクトにしたいと思います。

DEAN FUJIOKA

■クラウドファンディングについて
タイトル:DEAN FUJIOKA絵本寄贈の旅#SavewithFamBam
支援募集期間:2021年2月12日(金)〜2021年3月31日(水)後11:00
https://readyfor.jp/projects/df_fambam