SUAOKIがカリフォルニア州の山火事被害者を支援

 

SUAOKIがカリフォルニア州の山火事被害者を支援

AsiaNet 81939 (2413)

【ソノマ(米カリフォルニア州)2019年11月29日PR Newswire=共同通信JBN】最近、カリフォルニア州では山火事が何カ所も発生した。このニュースを聞いて、ポータブルで安全なエネルギー貯蔵電源のブランドであるSUAOKIは直ちに同社の公式ウェブサイトで寄付キャンペーンを開始した。被害者を支援するため、SUAOKIはこのキャンペーン期間中の販売の10%に相当する機器を寄付する計画である。この寄付キャンペーンに関する詳細はウェブサイトhttps://promo.suaoki.com/support_California_wildfire_relief を参照。

SUAOKIの製品担当ディレクターであるジェシー・チャン氏は、SUAOKI Care Projectが設立されており、さまざまな慈善的支援のための申し出を受け付けていると強調した。SUAOKIは、赤十字などの慈善団体との長期的な協力関係を築き、世界中で迅速かつ効果的な支援を提供することも計画している。

▽ユーザー体験がSUAOKIを刺激し、同社の社会的責任を推進
ジェシー・チャン氏は「当社の米国顧客の1人アレックスさんはSUAOKI G500ポータブル電源とソーラーチャージャーを購入したが、そのおかげで、アレックスさんと家族は昨年の山火事で1カ月間避難した際に外部と接触を保つことができた。最終的にはアレックスさんらは救助された。より多くの人々を支援するという考えはそのとき浮かんだ」と語った。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191129/2656497-1
米カリフォルニア州の山火事で被害者を支援するポータブルで安全なエネルギー貯蔵電源のブランドSUAOKI

2015年創業のSUAOKIは日本、欧州、米国の市場で、230%の年複利成長率(CAGR)で急成長し、世界の非常用電源のオンライン市場でトップ5の1つになった。地震、火山噴火などの自然災害が頻繁に発生する日本で、SUAOKIは50%を超えるオンラインマーケットシェアを占めている。

▽ユーザーのニーズに重点を置き、最高品質の製品を開発
エネルギー貯蔵電源および太陽光充電製品に特化するSUAOKIは環境保護に配慮し、同社の製品の安全性と携帯性を重視している。同社は、あらゆるユーザーがいかなる環境でもSUAOKIで適切な電力利用計画を見つけることができることを目標にしている。

SUAOKIは、アウトドアキャンプ/バンファイル/テールゲートパーティー、家庭用品、事務所など、さまざまな状況での充電に適合した製品を提供しており、それらすべては、家庭充電、太陽光充電、自動車充電を含むさまざまな充電方法をはじめ、AC、DC、自動車充電器、USB、USB QC3.0、Type-C PD、UPSなどのさまざまな出力インターフェースをサポートする。これらは、さまざまな容量が用意されており、ニーズや異なるグループの好みに対応する。

SUAOKIは「テクノロジーを超えて、生活を活性化する」ために、アウトドアトラベル、ガーデンエンジニアリング、ビジネス・シナリオでの携帯電源利用、家庭ないしは商業地での緊急電源への必要性があるどこでも電源スペシャリストになることにコミットしている。

SUAOKIの主力製品は、Sシリーズ電源、ソーラーパネル、Gシリーズ・ポータブル電源であり、その中でもS270、S200、S370などのSシリーズ製品はコンパクトで軽量であり、アウトドアでの利用に最適である一方、G500、G1000、G1200などのSシリーズは一般的に家庭、キャラバン、ビジネスなどのシナリオに利用される。SUAOKIはさまざまなニーズに向けエネルギー貯蔵デバイスを発売し、ユーザーに最高品質の製品を提供していく。

一種の無停電電源製品であるG1000は、Kodak、iRobot、TCLとともに、ブラックフライデーのハイテク・ホリデーギフトとしての素晴らしい選択としてFox Businessに推薦されている。停電に影響を受けず、急速充電が可能なことで、G1000は家庭、オフィス、アウトドアでの最高の非常用デバイスである。

ブラックフライデーを控え、SUAOKIはさまざまなプロモーションアクティビティーを展開している。詳細はウェブサイトhttps://www.suaoki.com を参照。

ソース:SUAOKI