【RIZIN.38】鈴木千裕「ナメたこと言われたので心と顔をへし折る」萩原京平に勝利宣言【インタビュー】

(エンタメ総合)
 
『RIZIN.38』で萩原京平と対戦する鈴木千裕 (C)ORICON NewS inc.

 25日に行われる『超RIZIN』『RIZIN.38』(さいたまスーパーアリーナ)の出場選手インタビューが23日に都内で行われ、『RIZIN.38』で萩原京平(26)と対戦する鈴木千裕(23)が、2日後に迫った試合への意気込みを語った。

【試合前インタビュー動画】強気な発言で闘志を燃やす萩原京平&鈴木千裕

 10代から総合格闘技の選手としてデビューし、キックボクシング「KNOCK OUT」でも王者になるなど、“二刀流”選手として活躍。RIZINでは現在2連勝中で、特に3月に行われた“炎上ファイター”平本蓮との試合では、打撃でも寝技でも完封しその実力を知らしめた。

 今回は同階級の実力者・萩原との対戦だが「やることやってきたので、あとは風邪を引かないでこのままいけば、KOか1本のどちらかで勝てると思います」と自信たっぷり。先月に行われたハワイでの会見に参加し、現地ではトライアウトの選手との総合ルールでの対戦や、ジムへの出稽古なども行い「メンタル的な強さがついた」と手応えを明かした。

 萩原について「きれいに戦う選手じゃないという印象だが、打撃は基本に徹して見た目以上に繊細。大技が来ると構えてると基本的な技でやられてしまう」と警戒する。「会見で対面したときに死にものぐるいで仕上げてきたと感じた。試合では骨が折れても流血しても前に出てくると思うので、そこで競り負けないようにしたい」とメンタル面もポイントに上げた。

 去年10月に萩原と対戦した朝倉未来とハワイで交流を持ち、帰国してから萩原対策を伝授された。「大枠は自分のチームで作戦を作って、そこに朝倉選手のアドバイスをプラスした。自分が勝ったら朝倉選手の手柄と言われるかもしれないけど、自分のチームとしての勝利です」とチームの団結力を強調した。

 試合展開については「散々ナメたこと言われたので、心と顔をへし折ってやりたい」と宣言。会見で“ママ活”疑惑についてイジられたが「そこでブレちゃう選手なら、このリングに立てない」と雑音をシャットアウトして、強敵との試合に臨む。

◆『The Battle Cats presents 超RIZIN/湘南美容クリニック presents RIZIN.38』
日時:9月25日(日) 前10:30開場/正午開始
※RIZIN.38は超RIZIN終了後、1時間の休憩を挟んで午後3時開始予定。イベントの進行により前後する場合あり。
会場:さいたまスーパーアリーナ
PPV:ABEMA、RIZIN STREAM PASS ほか

◆『超RIZIN』対戦カード
フロイド・メイウェザー 対 朝倉未来
皇治 対 ジジ
吉成名高 対 バンダサック・ソー・トラクンペット
三浦孝太 対 ブンチュアイ・ポーンスーンヌーン

◆『RIZIN.38』対戦カード
堀口恭司 対 金太郎
伊澤星花 対 アナスタシア・スヴェッキスカ
浜崎朱加 対 パク・シウ
扇久保博正 対 キム・スーチョル
シビサイ頌真 対 カルリ・ギブレイン
萩原京平 対 鈴木千裕
大原樹理 対 ルイス・グスタボ