福島県と隣県のプレスリリース > PR TIMES

日本初の介護×自治体×救急×病院の連携を実現した「ドクターメイト」シリーズBラウンドで10億円を調達

(経営情報) ドクターメイト
 

ドクターメイト
介護施設向けに医療相談・夜間オンコール代行を提供するドクターメイト株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:青柳 直樹)は、シリーズBラウンドにおいて、グローバル・ブレイン及び同社が運営する農林中金イノベーションファンド 、Aflac Ventures LLC(Aflac Ventures Japan株式会社が投資活動を支援)、DBJキャピタル並びにSMBCベンチャーキャピタルの5社を第三者割当増資の引受先として合計10億円を調達したことをお知らせいたします。





資金調達の目的

▼介護施設の業務負担を解決するSaaS型既存プロダクトの強化と、新規事業開発のための採用強化
近年の少子高齢化に加え、新型コロナウイルスの影響により介護施設の業務負担は一層深刻化しています。
同時に介護業界にもDX(デジタルトランスフォーメーション)の機運が高まっています。
ドクターメイト株式会社は、オンラインでの医療相談サービスと、夜間オンコール代行™サービスを組み合わせた介護施設スタッフ専用サービス『24時間医療アクセス「ドクターメイト」』を提供し、介護施設の課題解決に取り組んでいます。 今回の調達によって、SaaS型既存プロダクトの強化(病院連携・自治体連携等)と、教育事業など新規プロダクト開発のためのメンバー採用を積極的に進めてまいります。

▶調達目的について等の詳細
https://recruit.doctormate.co.jp/series_b


解決すべき日本の介護課題について

高齢化が進み、要介護・要支援認定者が増加している今、介護サービス需要の増加に伴い、介護サービス提供施設も年々増加しています。介護現場で働く介護人材も増加傾向にあるものの、介護人材の離職率は、他産業計と比べて高い水準にあります。
戦後すぐの第一次ベビーブーム(1947年~1949年)の時に生まれた、いわゆる「団塊の世代」800万人全員が75歳以上、つまり後期高齢者になる2025年には、約32万人の介護人材が不足することが予測されていますが、2022年の現時点で、すでに介護現場は慢性的な人材不足の状況にあります。

これからの介護需要の伸びに応えるためには、介護人材を増やす努力と同時に、現在働いている介護人材の離職を防ぐ努力が必要となるのは明らかです。


介護人材の雇用増加、離職防止には、給与面の改善だけではなく、「きつい」・「不安」という声が大きい夜間帯勤務の実態を理解し、改善するための対策が急務となっています。


改善すべき実態の1つに、夜間帯で施設入居者に医療的な措置が必要となった時のために施設の看護師が待機する「夜間オンコール待機体制」があります。待機している看護師だけでなく、介護士(介護福祉士)からも負担がかかっており、介護施設を離職する理由にも繋がっています。




ドクターメイトが日本の介護課題を解決して、目指す社会について

▼超高齢化が進んでいる日本に、サスティナブルな介護モデルを構築
日本の医療費は年間で43兆円、介護費は10兆円を超えて、少子高齢化が進む日本で若者が抱える負担は年々増大しており、2025年に介護費は21兆円に達すると想定されています。

一方で、日本の未来を担う子供たちへの教育に対しての公的財源の年間支出額は、1999年以降の20年間増えておらず、高齢者の医療・介護に消えてしまっており、OECD(経済協力開発機構)に加盟する世界34カ国の先進諸国の中で、日本は最下位という状況です。

ドクターメイトは公的財源を圧迫している医療介護業界に対して、「持続可能な介護の仕組みを作る」ことをビジョンとし、人とコストをかけずに質の高い介護を提供できる社会を実現することで、未来を担う子供たちへ投資できる社会を目指しています。

介護は、介護施設運営者や施設スタッフ、入居されている高齢者とご家族だけの問題ではありません。
現役の世代である我々、そして未来の世代につながる問題であり、医療介護の問題を解決することは、人生の最後を不安なく過ごせる環境を作ることであり、未来の世代の将来も明るくすることです。


自治体×病院×消防隊との連携

介護現場の負担や社会課題を解決するべく、自治体、病院、消防隊とも連携し、救急搬送の迅速化や搬送数減少に向けた取組みを開始しました。今後も、全国の自治体、病院、消防隊との連携促進を図って参ります。

■茨城県との連携実績
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000047082.html
■福井県との連携実績
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000047082.html

引受先および関係事業者からのコメント



持続可能な介護の仕組みを作り、日本の将来世代にも貢献する。青柳さんやチームの皆様と話すと、このビジョンに至る道が具体的に描かれ、いつもワクワクが止まりません。前回出資後から、大きな戦略を構想しながら足元の事業を着実に推進できる、そんなチームを作り大きな成長を遂げている姿に、1年近く伴走してきました。更に強い組織を作り、日本の社会課題に真正面から取り組む挑戦を、引き続き全力でご支援していきます。


前回ご出資以降も歩みを緩めることなく、介護現場の課題に寄り添いながら着実な成長を遂げられているチームに大きな期待を寄せています。深刻化する介護業界の課題を克服し、地域のくらしを支えていくために一丸となって取り組んでいるチームを引き続き弊庫としても全力でご支援しつつ、ドクターメイトの更なる飛躍を楽しみにしています。


介護における医療の不安をデジタルの力で解消するというドクターメイトのアプローチに魅力を感じ、出資させていただきました。今回の出資により、弊社は持続可能な介護のしくみを創るドクターメイトの取り組みを支援し、介護に関わるすべての方が、自分らしく生きることができる社会の実現に貢献してまいります。


少子高齢化が進む我が国において、医療・介護の連携による役割分担を含めた効率的な医療提供体制が求められていると理解しています。当社サービスは介護現場の課題を解消しつつ、医療機関、介護施設、患者及びその家族等に対して適切かつ十分な情報提供を行うことで、医療・介護の連携に寄与すると考えております。
当社が我が国の医療介護の課題を解決していくことを楽しみにしています。


医師としての原体験から強い思いで創業された青柳社長のもと多様な背景の仲間が集まり独自の組織文化を作られているところに魅力を感じて投資させていただきました。介護現場の負担を軽減するサービスへの社会的要請は大きく、ドクターメイトらしい丁寧な合意形成で業界を変革していくことに期待しております。我々もその一助となるべく尽力いたします。


上段)左から、川端様(農林中央金庫)・伊藤様(DBJキャピタル)・川崎・アレン様(Aflac Ventures LLC)
下段)左から、鈴木様(グローバル・ブレイン)・永妻・青柳・宮崎・島田様(Aflac Ventures LLC)


老人福祉施設協議会 代表者様からのコメント



本来自分がやらなければならないことを、いわゆる“代行業” にお願いする風潮がある昨今、とりわけ転職や退職を代行する業者に辟易としていたところに「オンコール代行」と聞いて、ただただ怪しいだけの会社だろうと、はじめは高を括っていました。ところが、青柳先生にお会いしてお話を伺ってみると、それは単なる代行ではなく、“連携”であることがわかりました。
これまでも地域の医療と介護の連携が叫ばれながら、実際には現場レベルの申し送り程度に留まっていることが多くあります。今後一層拍車のかかる超少子高齢化を見据え、地域包括ケアシステムの構築、地域共生社会の実現を目指すのであれば、より多様なステークホルダーが、その仕組みの中の役割と連携を認識し、我が事として取り組んでいく必要があります。
こうした中における株式会社ドクターメイトの青柳先生が掲げるビジョンと、その実現に向けての行動力に大きな期待を寄せております。今後ともよろしくお願いいたします。


弊社代表コメント



医療介護連携が人の頑張りによってのみ維持されるのではなく、仕組みにより持続可能な姿にすることをビジョンに進んでまいりました。
ありがたいご縁にも恵まれ、介護業界の方々からもご声援をいただき、少しずつ着実に実現に向かっています。今回の調達を経て、介護施設職員の皆様だけでなく、医療機関、自治体、入居者(入居者家族)といった誰もが良くなるWIN-WIN-WINな仕組みづくりという軸をぶらさずに事業成長を加速させていきます。


ドクターメイトで、医療介護分野から、日本の未来を創る仕事をしませんか

介護現場ではテクノロジーを活用した業務効率化・病院との情報連携の最適化が求められております。そのため弊社では一刻も早くこの状況を解決し、介護業界だけでなく、病院や自治体からも寄せられるニーズに応えるため新たにメンバーを募集します。弊社の事業や向き合っている課題に、少しでも興味お持ちいただけた方は、お気軽にご連絡ください。

【ドクターメイト採用情報サイト】
https://corp.doctormate.co.jp/recruit/

ドクターメイト株式会社について

ドクターメイト株式会社は、オンラインでの医療相談と、夜間オンコール代行™を組み合わせた『24時間医療対応サービス「ドクターメイト」』という、介護施設(特養、老健、介護付有料老人ホーム、認知症型グループホーム等)スタッフ専用のサービスを提供しております。2017年12月に創業してから、毎月安定して導入施設が増えており、現在は国内41都道府県、500を超える介護施設で導入がされています。


【会社概要】
会社名   : ドクターメイト株式会社
代表者名  : 代表取締役医師 青柳 直樹
資本金   : 1,160,400,000円(資本準備金含む)
本店所在地 : 東京都中央区東日本橋三丁目7番19号東日本橋ロータリービル9階
公式サイト : https://doctormate.co.jp/


リリースに関するお問い合わせやご取材は、下記までお問い合わせください

◆リリースに関するお問合せやご取材、資料ご希望の方は下記までお問合せください◆
ドクターメイト株式会社
広報責任者:中島健志(Takeshi Nakashima)
〒103-0004 東京都中央区東日本橋三丁目7番19号東日本橋ロータリービル9階
問合せフォーム https://doctormate.co.jp/inquiry
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ