プレスリリース > 共同通信PRワイヤー

自律交渉を行うAIを開発したPactum(パクタム)社が、権威あるデジタル調達ワールド2021スタートアップコンペティションを受賞 

Pactum(パクタム)
 

AsiaNet 91785

Pactumを世界最大級のブランドが数百万相当の新たな価値創造への鍵を開ける調達業界のカテゴリークリエイターとして評価 

サンフランシスコ, 2021年9月22日 /PRNewswire/ -- 自律的な交渉AIを開発したPactum社は、デジタル調達ワールドが主催するDEMOスタートアップコンペティションの自動&効率部門で受賞しました。 この名誉ある賞は、調達業界のデジタル変革を推進し、世界中の組織に高いROIをもたらす新興企業を表彰するものです。

Pactum社の受賞について、デモ2021の審査委員会は、次のように強調しました。「Pactum社のビジョンは、企業にほとんど付加価値を与えないマーベリック支出に関するサプライヤー交渉を自動化することです。これは調達の中核プロセスの1つでありる膨大な時間がかかるこことが多いにも関わらず、企業にほとんど付加価値を与えないとされています。 このプロセスを自動化することで貴重な時間を確保できるだけでなく、将来の交渉プロセスをさらに最適化するために使用できる強力なデータ基盤を構築しています。」

Pactum社の共同設立者であり、最高製品責任者であるカスパー・コージュス氏は、次のように述べています。「企業投資の大部分は、少数のサプライヤーとの取引に費やされています。企業の投資の大半は、少数のサプライヤーとの取引に費やされています。つまり、企業のプロバイダーの約八割は管理されておらず、資金が放置されているのです。」 マーベリック支出は、特に大規模なサプライヤーを扱う場合、時間と労力がかかるため、多くの調達担当者は、このコストを最適化しようとしても、努力に見合わないと結論づけています。 フォーチュン500に掲載されている平均的な企業では、2億4,000万ドルもの非効率なロングテール取引が管理されていないことになります。 Pactum社はそれを変えるのです。

当社の自律交渉を行うAIは、高度な数学モデルと認知科学に基づいて構築されており、わずか数分で双方にとって最適な合意に達するように設計されています。その結果、この支出カテゴリーにおいて5〜15%の節約を達成できる可能性があります[1]。

Pactum社は現在、ウォルマート、世界10大銀行の1つ、Fortune 200に掲載されている電気メーカー、トップ物流ブランド、その他小売、消費財、物流、産業、金融サービス、自動車などの業界のリーダー企業が、1億ドルのマーベリック支出につき200万ドルから1,100万ドルの新しい価値を生み出すことを可能にしています。 これらの企業の中には、Pactum社が交渉したサプライヤーとの取引によって、すでに最大6.5%の収益性の向上を実現しているところもあります。

「戦略は人間が考え、実行は機械が行うべき、というのが私たちの考えです。だからこそ、自律的な交渉という全く新しい技術を生み出したのです。今回の受賞は、Pactum社がウォルマートのようなグローバルな業界リーダーと協力して、サプライヤーの交渉プロセスをエンド・ツー・エンドで自動化し、人手をかけずに隠れた価値を引き出せるようにしたことを証明しています」とカスパー氏は加えてコメントしました。

同社のソリューションは、顧客の戦略や技術スタックに容易に適合するように設計されており、顧客は価値創造の時間を短縮しながら、イノベーションの最前線に立ち続けることができます。 デジタル・プロキュアメント・ワールド(DPW)の創設者であるマティアス・グッツマン氏は、次のように強調しました。「Pactum社の自律的な交渉は、調達担当者が反復的なプロセスや手作業を自動化し、効率を高め、正確性を向上させ、価値を生み出すのに役立ちます」

調達チームは、この新たに生まれたテクノロジーを活用し、自律的な交渉を行うことで、これまで避けられなかった課題を、企業にとっての新たな価値の源泉に変えることができるのです。

Pactum社について

Pactum社は、グローバル企業が自律的にパーソナライズされた商業交渉を大規模に行うことを支援するAIベースのシステムです。 このシステムは、Pactumのクライアントと交渉相手の双方にとって、価値を高め、時間を節約することができます。使いやすいチャットインターフェースを介して両者の価値観を調整し、ベスト・プラクティスの交渉戦略を実施して、Win-Winの合意を決定します。 このウェブベースのツールのアプリケーションは、企業の調達交渉に焦点を当てています。 Pactum社は、マウンテンビューに本社を置き、エストニアでエンジニアリングとオペレーションを行っています。 Pactum社は、Skype、スターシップ・テクノロジーズ、エストニア政府のe-Residencyプログラムの著名人によって構築されました。詳細はこちらをご覧ください www.pactum.com

写真 - https://mma.prnewswire.com/media/1629726/Pactum_World_DEMO.jpg 

メディア連絡先
アンジェラ・ゴンザレス-ロドリゲス
Pactum社のコミュニケーション部長 
angela.gonzalez-rodriguez@pactum.com  
直通 +1 718 766 8547

[1] マッキンゼー社の推定値。https://www.mckinsey.com/business-functions/operations/our-insights/long-tail-big-savings-digital-unlocks-hidden-value-in-procurement

(日本語リリース:クライアント提供)