プレスリリース > 共同通信PRワイヤー

シルクロードに関する国際的文化博覧会、観光フェスティバルが中国西北部で開幕

甘粛省人民政府(Gansu Provincial People's Government)
 
シルクロードに関する国際文化博覧会、観光フェスティバルが中国西北部で開幕

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109290811-O1-c4M5FjJu

AsiaNet 91960(2276)

【敦煌(中国)2021年9月28日PR Newswire=共同通信JBN】第5回China Silk Road (Dunhuang) International Cultural Expo(中国シルクロード(敦煌)国際文化博覧会)と第10回Dunhuang Tour-Silk Road International Tourism Festival(敦煌ツアー・シルクロード国際観光フェスティバル)が9月24日、中国西北部・甘粛省にある古代シルクロードの主要ハブ、敦煌で開幕した。2つのイベントとも、甘粛省人民政府が他の政府機関と連携して主催した。

「Symphony Silk Road, Cultural Expo for All(シンフォニーシルクロード、すべての人のための文化博覧会)」をテーマとする3日間の博覧会とフェスティバルでは、サミット会議、文化フォーラム、展示会、伝説的な7世紀のシルクロード沿いの中国人僧侶の旅を描いたミュージカルドラマ「Xuanzang's Pilgrimage(玄奘の巡礼)」などの芸術パフォーマンスが行われる。

中国文化観光省のZhang Xu次官は開会式で、2000年以上前、古代のシルクロードは諸国間の文化的、経済的交流を開き、開放と相互学習を通じて人類文明の継続的な発展を促進したと述べた。

Xu氏は、中国はイベント開催を通じて、一帯一路沿いの国々間の人的交流に関する公式および非政府両方の協力をさらに強化し、共有された未来のコミュニティーの構築に貢献したいと考えていると付言した。

中国の古代シルクロードは総距離が7000キロ(4350マイル)を超え、甘粛省の区間は1600キロ(994マイル)超である。中国共産党(CPC)甘粛省委員会のYin Hong書記は、「近年、甘粛省は一帯一路構想に参加して文化交流・協力を促進する機会をつかんだ」と述べ、「2つのイベントは、シルクロードに沿った文化的統合の架け橋を築き、ルートに沿った国々の発展に弾みをつける」と付言した。

今年は大韓民国(韓国)が主賓を務める。韓国の文化体育観光部のHwang Hee長官はビデオリンクを通じて、華麗なシルクロード文化の中心で開催された博覧会は、人類の歴史における文化交流の計り知れない重要性を人々に思い起こさせると語った。

Hwang氏は、韓国は世界のすべての文化の共存を楽しみにしており、最先端のデジタル技術とオンラインプラットフォームに基づいた文化交流・協力をさらに促進する用意があると付言した。

当局者、外交官、専門家など、国・地域や国際機関を代表する200人超が、バーチャルないしオンサイトでイベントに参加している。

ソース:Gansu Provincial People's Government

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=402241
(画像説明:シルクロードに関する国際文化博覧会、観光フェスティバルが中国西北部で開幕)