プレスリリース > 共同通信PRワイヤー

ブライセン、 AMRメーカーのシリウスジャパン社と販売パートナー契約締結

(提携・M&A・新会社・IPO) 株式会社ブライセン
 

2021/9/29
株式会社ブライセン
代表取締役社長  藤木 優

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109280701-O1-h4spsOAS
株式会社ブライセン(代表取締役社長:藤木 優 以下、ブライセン)のクラウド型倉庫管理システム「COOOLa」(クーラ)と、AMR※1・AIソリューションを提供しているシリウスジャパン株式会社(東京都江東区、代表取締役CEO:蒋 超)は、販売パートナー契約を締結しました。当社倉庫管理システム「COOOLa」とAMRを連携することにより、庫内業務のミス削減と省力化を最大限実現できます。

※1 AMRとは、Autonomous Mobile Robotの略称で、「自律走行搬送ロボット」です。

■サービス連携について
ブライセンは、お客様の要望に合わせて柔軟にカスタマイズ可能で、ローコストで導入が可能なクラウド型倉庫管理システム「COOOLa」(クーラ)を提供しています。「COOOLa」は、日本コンシューマーリサーチによるアンケート調査の“経営者が選ぶ倉庫管理システム部門”において、支持率・機能充実度・信頼度で1位※2を獲得しています。
一方、シリウスジャパン株式会社は、AMRとAIを活用したロボット管理・制御システムを開発・販売する Syrius Robotics(中国・深セン) の日本法人です。
独自のAMR「FlexComet」や「FlexSwift」とAIソリューションを活用し倉庫管理のトータルソリューションを提供しています。
両社は、ユーザ企業の物流業務効率化をともに支援するべく販売パートナー契約を締結いたしました。
本契約により、倉庫管理システム「COOOLa」とAMR「FlexComet」や「FlexSwift」の導入・連携がスムーズとなり、倉庫のトータルソリューションが実現します。

※2   日本コンシューマーリサーチ調べ。(調査期間:2021年1月27日~29日)

・自律走行型ピッキング補助ロボット

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109280701-O2-1A5YWTQ9

物流現場でのAMR導入をご検討の際は、こちらよりお問い合わせください。

■シリウスジャパン株式会社について
シリウスジャパンは、最先端のロボットとAI技術を活かした、ソフト・ハード一体化によるAMR(自律移動型ロボット)ソリューションを提供しています。https://www.syriusrobotics.com

■株式会社ブライセンについて
ブライセンは、30年以上の社歴を持つソフトウェア開発会社です。「進化を続ける会社ブライセン」という企業スピリッツを持ち、お客さまの課題や悩みを解決する高品質なソフトウェア開発を目指しています。「COOOLa」もまた、新しい発想と確かな技術力で、倉庫業務の課題を解決するWMSを目指し新しい潮流を作っています。

【会社概要】
会社名:株式会社ブライセン
所在地:東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー30F
代表者:代表取締役社長 藤木 優
設立:1986年4月
資本金 2億6,300万円
URL:https://www.brycen.co.jp/

会社名:シリウスジャパン株式会社
所在地:東京都江東区越中島2-1-38
代表者:蒋 超
設立:2019年4月
URL:www.syriusrobotics.com

 
【本件に関するお問い合わせ先】
■株式会社ブライセン 物流流通ソリューション部
電話:03-6261-3611
クラウド型倉庫管理システム【COOOLa】ホームページ:https://cooola.jp
問い合わせ先:https://cooola.jp/contact