プレスリリース > 共同通信PRワイヤー

障がい児も着やすい子供服が当たり前に流通している社会へ

(新商品・新製品) 合同会社Studio Manomana
 
TOP1

障がい児も着やすい子供服『ima』のクラウドファンディングを2024年1月28日より実施

合同会社 Studio Manomana

障がい児も健常児も一緒に。みんなが着やすい、着せやすい、子供服『ima』のファーストモデルが、合同会社Studio Manomana運営の「みんなのCOROMO プロジェクト」より2023年秋に誕生しました。今回、障がい児も着やすい子供服が当たり前に流通してる社会実現に向け「For GOOD!」より2024年1月28日~2月末までクラウドファンディングを実施することになりました。障がい児入所施設へ『ima』の服の寄付や卸販売もリターンに組み込み、一般だけでなく個人店舗や企業にむけても幅広く行います。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202401215541-O4-yP645hqm

 
 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202401215541-O12-WiDLPWAr
みんなのCOROMOプロジェクトは、障がいのあるお子さんを育てる1人のお母さんが立ち上げたプロジェクトです。世の中には数えきれないほどたくさんの商品やサービス、空間が溢れているのに、必要とする商品や空間、価値などが存在しないことに「自分たちは社会から必要とされていないのかもしれない」と感じてきた孤独感…。同じようにやるせない気持ちになっている人に寄り添い、手を差し伸べて、その一つ一つに答えを出したい!と、必要なのに「”今”ないもの」を心を込めて創造し、インクルーシブな社会になることを目指し活動をしています。
みんなのCOROMOプロジェクト詳細
 

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202401215541-O13-Z89yGCsl
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202401215541-O7-FuX531gi
障がいなどによる身体的、精神的特徴により一般のお洋服が着にくい、着替えの介助がやりづらいなど、解決しなければならない問題点についてリサーチを行いながら作成しました。実際に、支援学校やデイサービスなどの職員の方々から意見をいただきながら試作を重ね、ファーストモデルが2023年の秋に誕生しました。「洋服のボーダーラインは心のボーダーになる」ことも知っているからこそ、機能性とオシャレを対義ではなくイコールに変換し、機能性及びデザインや可愛さにもこだわったバリアフリーな子供服を完成させました。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202401215541-O9-5J96Sls2
車椅子やバギーに乗ったままでも着せやすく、前後ろに着てもオシャレな2way仕様にしています。ファスナーの上部にいじり防止のカバーパッチをつけたり、人工鼻の邪魔にならない襟ぐりのあき具合についても考慮しています。(価格:6,500円(税込))

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202401215541-O15-Pl5LMwz9

 

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202401215541-O8-5dQ4hJ4I
ガバッと開くファスナーにより、装具をつけたままでも着替えやすく、介助の負担も軽減されています。ウエストのサイズ調整機能付きです。(価格:5,800円(税込))

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202401215541-O14-sc10R751
パンツ説明YouTube
imaプロモーションムービー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202401215541-O10-9CD859Vn

◆クラウドファンディング
・For good! 『ima』ページ:https://for-good.net/project/1000508

◆商品サイトなど
・製品URL: https://www.manomana.rocks/ima
・商品販売URL:https://www.manomana.rocks/ima-shop

◆instagram
みんなのCOROMOプロジェクト
ima