「北京冬季パラ」開幕 アルペンスキー男子座位・鈴木5日登場

 

 第13回冬季パラリンピック北京大会は4日夜、北京市の国家体育場(通称「鳥の巣」)で開会式が行われ、開幕した。北京五輪閉幕直後にロシア軍がウクライナに侵攻。戦時下で実施される雪と氷の障害者スポーツの祭典には、排除されたロシアとベラルーシを除いて46カ国・地域から約560選手が参加する。

 県勢はアルペンスキー男子座位の鈴木猛史(KYB、猪苗代高卒)が5日の滑降に出場し、初戦のレースに臨む。鈴木は開会式に先立ち「全レースを全力で楽しんできます」とコメントを発表した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

フリーブレイズ、連覇に王手 全日本アイスホッケー