仙台育英・小濃、地元・浅川で激戦振り返る 夏の甲子園・8強

 
後輩の浅川中生を激励する小濃選手(左)

 全国高校野球選手権大会で8強入りした仙台育英(宮城)の小濃(おのう)塁選手(3年、浅川中出身)は21日、地元の浅川町役場を訪れ、甲子園での激戦を振り返り、今後の抱負を述べた。

 小濃選手はチームの主軸として4番を務め、2回戦の鳴門(徳島)戦、準々決勝の星稜(石川)戦で本塁打を放つなど活躍した。

 小濃選手は「昨年の悔しさを晴らすため練習し、チーム一丸の戦いでベスト8を達成できた。自分がやってきたことを信じてプレーした。ホームランも打つことができて良かった」と話した。今後について「夢はプロ野球選手。チャンスで打ち、チームの勝利に貢献できるような選手になりたい」と意気込みを述べた。江田文男町長が「中学生たちの憧れの存在。目標に向かって頑張ってほしい」と活躍をたたえた。

 小濃選手は後輩の浅川中野球部員とも面会し「小さな妥協をせず、つらくても頑張れば報われる」と激励した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

『晩秋の喜多方路』1088人走る! 蔵のまち喜多方健康マラソン