「秋季県北支部高校野球選手権」開幕 民友旗懸け15チーム熱戦

 
熱戦を繰り広げる選手ら

 「民友旗」を争う第30回秋季県北支部高校野球選手権大会は18日、福島市のあづま球場で開幕した。初日は1回戦3試合が行われ、福島成蹊、福島東、福島工が2回戦に進出した。県高野連県北支部の主催、福島民友新聞社と伊達市教委の後援。合同チームを含む15チームが出場した。

 19日にはあづま球場と、伊達市のほばら大泉球場で計4試合が予定されていたが、20日に順延となった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

福島市チーム14年ぶり総合優勝 ふくしま駅伝、町の部は石川町