聖光学院の切り札!最高の『最低限』 代打・星が7回同点犠打

 
【鶴岡東―聖光学院】7回裏聖光学院1死二、三塁、代打星の犠飛で生還する三走坂本

 聖光の「切り札」は東北の舞台でも勝負強かった。7回に代打で打席に入るときっちり同点の犠飛。聖光学院の星匠(3年)は「最低限の仕事ができた」と安堵(あんど)の表情だった。

 1点が欲しい終盤での起用にも心は落ち着いていた。「変化球の多い投手だけれど抜け球がある」と、直球に狙い球を絞っていた。2球目の高めに入った直球を見逃さず外野に運んだ。6回まで2安打に抑えられていた相手投手からようやく1点を奪い、チームに勢いをもたらした。

 県大会4回戦では代打逆転本塁打で勝利に貢献。斎藤智也監督も「(星の)一振りで流れが変わった」とねぎらった。

 【8月10日の福島県代表・試合結果】夏の高校野球東北大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖火リレー、福島県内3日間フィナーレ!つないだ火、紡いだ思い