「決勝!聖光学院vs仙台育英」12日対戦 東北地区高校野球大会

 

 東北6県の高校野球独自大会優勝校による東北大会は最終日の12日、宮城・石巻市民球場で決勝が行われ、福島県代表の聖光学院と仙台育英(宮城)が対戦する。午後2時開始予定。

 第3日の11日に同球場で準決勝1試合が行われ、仙台育英(宮城)が延長10回タイブレークの末、ノースアジア大明桜(秋田)を2―1で下した。聖光学院は10日の準決勝で鶴岡東(山形)にサヨナラ勝ちし、決勝に駒を進めている。

 聖光学院が仙台育英と対戦するのは2016(平成28)年の秋季東北地区大会準決勝以来4年ぶり。聖光学院は終盤の勝負強さが持ち味だ。仙台育英の強打を抑え、終盤に厚みのある攻撃を仕掛けられるかが勝負の鍵となりそうだ。投手陣の継投も含め、総力戦で臨む。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

東日大昌平が初優勝、福島商に5-1 秋季高校野球福島県大会