聖光学院エース・舘池『完封』 仙台育英打線を5安打に抑える

 
【仙台育英-聖光学院】仙台育英打線を5安打に抑え完封した聖光学院のエース舘池=石巻市民球場

 9回裏、最後の打者を遊直の併殺打に打ち取ると、聖光学院ナインがマウンドに駆け寄った。中心にいたのはエース舘池亮佑(3年)。高校野球最後の舞台で5安打完封の堂々たる投球を見せた。「ほっとした気持ちが1番だった」。気迫のみなぎった表情が一気に笑顔に変わった。

 勝っても負けても最後となった試合は「甲子園の決勝だと思って投げた」。初回、いきなり連打を浴びたが動じなかった。ボールが先行し、カウントが悪くなっても「ど真ん中でもいい」と開き直り続く打者を三振。その後も持ち味の力強い直球を主体に、昨秋東北大会の王者仙台育英にホームを踏ませなかった。

 誰もが認めるエースとなったが、昨秋はベンチにすら座れなかった。当時はこんな舞台で投げる姿を想像することもできなかったという。自らも「びっくりするくらい」の成長ぶりだが、仲間への感謝は絶えない。「もともと力がある投手だったとしても、ここまでは来られなかった。仲間の支えがあったからこそ」

 無敗で終えた夏を「完璧な形で終わらせることができた」と振り返る舘池。卒業後は大学進学を予定している。「もっと上を目指そうと思います」。エースは力強く宣言した。

 【8月12日の福島県代表・試合結果】夏の高校野球東北大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 学法石川先制...中盤に『落とし穴』