聖光学院、V13へ『好発進』 注目の初陣!前田が公式戦初登板

 
【聖光学院―二本松工】公式戦初登板で4回4安打1失点と試合をつくった聖光学院の前田=ヨーク開成山スタジアム

 第101回全国高校野球選手権福島大会第4日は13日、会津若松市のあいづ球場などで2回戦8試合が行われた。最終回に2点を勝ち越した安積黎明は会津農林に3―1で勝利。第1シード東日大昌平や13連覇が懸かる聖光学院などシード校はそろってコールド勝ちした。船引は喜多方に6―5で競り勝った。第5日の14日は4球場で2回戦8試合が行われる。

 先発・前田「少し緊張した」

 第3シードから夏の大会13連覇を狙う聖光学院。その初陣に注目が集まる中、先発のマウンドを託されたのは公式戦初登板の前田康孝(3年)だった。

 「力はある選手。公式戦の流れ、雰囲気を経験させたかった」と斎藤智也監督。「少し緊張した」と振り返るように初回は直球が浮いたが、スライダーやカーブなどの変化球でカウントを稼ぐ丁寧な投球で修正。2回1死三塁の危機では「ギアを入れ替えた」と130キロ中盤の直球とカットボールで三振を奪うなど後続を打ち取った。

 4回を投げてその後は仲間にマウンドを託したが、3回には2死球と安打が絡み1失点。「内角を攻める練習をしてきた。攻めた結果だが修正が必要」と課題も口にした。「苦しかった時に仲間や家族に支えられてきた。応援してくれる仲間のために投げていきたい」と前田は話す。前大会の王者がこの夏も好スタートを切った。

 【7月13日の試合結果】夏の全国高校野球福島大会・第4日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院ナイン...潔く『聖地』去る 歩みに自信、最後は涙なし