学法石川「いいスタート切れた」 島田が躍動、平商をコールド

 
【平商―学法石川】1回裏学法石川1死二塁、島田の適時打で先制のホームを踏む二走桑山=白河グリーンスタジアム

 学法石川が毎回得点で平商に10―0で5回コールド勝ちした。学法石川は初回に島田の適時打で先制。3回は佐藤日と小貝の適時三塁打などで5点を加えた。4回は藤原がソロ本塁打を放った。平商は1安打と相手投手を打ち崩せなかった。

 「いいスタートが切れた」。学法石川の3番打者島田鼓太郎(3年)はチームを勢いに乗せた先制打を振り返った。

 公式戦初の3番打者起用に応えた。春は下位打線や代打での起用だったが、大会直前の練習試合で3番を任されると快音を響かせるようになり、そのまま中軸に座った。

 迎えた本番、初回1死二塁の第1打席。内角の直球を振り抜き、三遊間を抜ける適時打を放った。幸先良い先制点でナインの硬さも解け、その後の大量得点につながった。「チャンスで打順が回ることが多い。しっかり役目を果たしたい」と島田。次戦に向けて気を引き締めた。

 【7月13日の試合結果】夏の全国高校野球福島大会・第4日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院ナイン...潔く『聖地』去る 歩みに自信、最後は涙なし