光南、シード・学法石川『撃破』 好調・石森が初回2点適時打

 
【光南―学法石川】1回裏光南1死満塁、石森が先制の2点適時打を放つ=いわきグリーンスタジアム

 先制点で主導権をにぎった光南が学法石川との接戦を3―2で制した。光南は初回、石森の2点適時打で先制に成功。4回1死一、二塁のピンチをけん制と佐藤涼の好守で断ち切ると、その裏の攻撃で追加点。守備から流れを引き寄せた。学法石川は好機に打線がつながらず、代打攻勢をかけた6回の好機も1得点にとどまった。

 「試合前のみんなの表情を見て、今日は勝てると思った」。3試合で7安打7打点のラッキーボーイ、光南の石森啓梧(3年)は予想通りの活躍に胸を張った。

 初回からナインの気迫が違った。先頭の柏村大樹(同)がへッドスライディングの内野安打で出塁すると、金沢翔太(同)は三塁手のグラブをはじく強打、渡部路夢(同)の中前打は一度は相手野手のグラブに収まったものの、幸運にもこぼれて打線がつながった。

 1死満塁の絶好機に打席が回ったのは、この日も石森だった。春の県南支部予選決勝で右膝の靱帯を負傷。県大会は先発メンバーから外れ、代打の1打席しか立てなかった。

 その悔しさを晴らすように、今日もまた快音を響かせた。「応援してくれるみんなに頑張ってるぞと伝えたかった」。先制点を挙げ、一塁側の応援スタンドに何度もガッツポーズで応えた。

 リードを奪った光南は学法石川の好機の芽を摘み、回を重ねるごとに試合を掌握、後半の追い上げも守りきった。「学石の分も勝ち進む」と石森。ノーシードから勝ち上がる光南の勢いが増してきた。

 【7月23日の試合結果】夏の全国高校野球福島大会・第10日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院ナイン...潔く『聖地』去る 歩みに自信、最後は涙なし