聖光学院、巧み試合運びで『決勝進出』 13連覇へ光南に5-0

 
【聖光学院―光南】4回表聖光学院無死、吉田修が左越えの二塁打を放つ。捕手佐藤寿=いわきグリーンスタジアム
準決勝
1
2
3
4
5
6
7
8
9
聖光学院
1
1
0
1
2
0
0
0
0
5
光南
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0

 いわきグリーンスタジアムで27日に行われた第101回全国高校野球選手権福島大会準決勝。聖光学院がノーシードの光南に5―0で快勝し決勝に進出した。聖光学院と日大東北の決勝での対戦は4年ぶり。

 初回に先制した聖光学院は、2回に先頭の清水が四球で出塁すると犠打で二進し、岡戸の適時二塁打で1点を追加。4回にも先頭打者の出塁を確実に得点につなげた。投げてはエース須藤が7奪三振と好投した。

 捕手・吉田『攻守輝き』 2安打に完封導くリード

 聖光学院が13連覇に王手をかけた。捕手の吉田修也(3年)が打っては二塁打を含む2安打、守っては完封のエース須藤翔(同)を好リードで支え、勝利に貢献。「思い切った内角攻めが結果につながった」と充実の表情だった。

 中途半端な配球で3点を失った準々決勝の反省から、須藤が得意とする内角の球を生かそうと決めていた。初回、先頭打者に死球を出したが「内角を攻めている以上しょうがない」と、打者の胸元近くにミットを構え続け、攻めのリードで凡打の山を築いた。

 投手相手の練習時間が長く、ほかの野手ほど打撃練習はできない。「打てない分は捕手として失点を防ごう」。この日はそんな開き直りが思い切ったスイングにつながり、練習不足気味なはずの打撃でも結果を残した。

 決勝を戦う日大東北のエース磯上航希(同)は、勿来少年野球教室でバッテリーを組んだ仲。別々の道を歩んだ県内屈指の右腕を「力のある良い投手」と認めながらも、吉田は「(自分のチームの)投手の持ち味を引き出すだけ」と冷静だ。相手が誰であろうと、狙うは頂点だけだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

『晩秋の喜多方路』1088人走る! 蔵のまち喜多方健康マラソン