【夏季高校野球展望】夏13連覇・聖光学院、屈指の激戦ブロック

 

 「因縁対決」「大会屈指の好投手対決」

 初戦から好カードが並んだ今大会。夏の福島大会13連覇中の聖光学院が優勝候補に挙がるが、強豪ぞろいのブロックに入り序盤から厳しい戦いが予想される。春の大会中止で各チームの戦力が計り知れず、思わぬチームが大躍進してもおかしくはない。

 序盤で注目されるのは聖光学院と日大東北の初戦での激突だ。昨夏の福島大会は決勝で聖光学院が2―0で日大東北に競り勝った。今年も投打に申し分の無い戦力の聖光学院だが、昨秋からの実戦不足が不安材料。日大東北は一気に主導権を握りたい。同ブロックには第2シード磐城や強豪の学法石川、いわき光洋が入り、勝ち進むのは容易ではない。

 第1シード学法福島の初戦は光南が相手で、大会屈指の左腕対決となりそう。学法福島はプロ野球スカウト注目の辻垣高良(3年)、対する光南は昨夏から背番号1を背負う国井飛河(同)。両エースの出来が勝敗を左右する。攻守に戦力が整う福島商も同ブロックを勝ち上がってきそうだ。

 第3シード福島成蹊は昨秋に初の東北大会出場を果たすなど躍進が目立つ。同ブロックは、昨秋の県大会8強ふたば未来や福島東など実力校が並び、好勝負が繰り広げられそうだ。

 第4シード東日大昌平は伊藤博康監督と尚志の松井隆昌監督による元プロ野球選手の監督同士の対決で采配に注目が集まる。同ブロックの須賀川は強打者ぞろいで得点力が高く、快進撃が期待される。

 【 組み合わせ 】福島2020夏季高校野球大会(代替大会)

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

東北王者は聖光学院!仙台育英に8-0 夏の高校野球東北大会