聖光学院『切り札』が一発!3年生・星、白河の直球一振り先制

 
【白河―聖光学院】5回裏聖光学院1死二塁、逆転の2点本塁打を放った聖光学院の星=ヨーク開成山スタジアム

 聖光学院が中盤の好機に長打で得点した。1点を追う5回は代打星の2点本塁打で逆転。6回は畠中の本塁打などで2点を追加した。6回以降は継投したエース舘池が白河の反撃を1点に食い止めた。白河は先取点を奪ったが11三振が響いた。

 代打の一振りが試合の流れを変えた。5回に逆転の2点本塁打を放った聖光学院の星匠(3年)は「自分に打ち勝てた」と殊勲の一打を振り返った。

 「一番いい場面で使おうと思っていた」と、斎藤智也監督から"切り札"として送り出された。フルカウントからの直球を一閃。中堅スタンドへ打球を運んだ。

 檜枝岐中出身。バドミントン部しかなく、片道1時間をかけて南会津ボーイズの練習に通った。「一番強い高校で野球がやりたい」と200キロ離れた強豪校に進んだ。「やっていけるか不安だったが村のみんなが喜んでくれると思って頑張っている」と活躍を誓う。

 【8月1日の試合結果】福島2020夏季高校野球大会・第7日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院『夏14連覇』達成!光南に6-0 福島県夏季高校野球