光南、栄光へ「視界良好」 主将が先制打、打線けん引

 
【福島成蹊―光南】4回裏光南無死三塁、先制の適時打を放つ七海=いわきグリーンスタジアム
準決勝
1
2
3
4
5
6
7
8
9
福島成蹊
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
光南
0
0
0
1
0
1
0
1
X
3

 光南が堅実な戦いぶりで決勝に駒を進めた。3番七海瑠好(りゅうこう)(3年)は2安打で勝利に貢献。チームをまとめる主将は「何とか(先発の)星(勇志)を助けたかった」と冷静に振り返った。

 3回までに福島成蹊が5安打を挙げていたのに対し、光南は無安打。4回に2番関矢龍星(同)がチーム初安打となる三塁打を放ち、七海に打席が回った。

 第1打席は外角中心の配球を前に見逃し三振に終わっていた。七海は相手バッテリーが同様の攻めをしてくると予想、「踏み込んでいこう」という意識通りにバットを振り、外角低めの直球を中前に運んだ。6回にも右前打で出塁し、2点目のホームを踏んだ。

 準々決勝で王者・聖光学院を破った後、七海は喜ぶのもつかの間、すぐさまチームを引き締めた。「浮足立つな。地に足着けて練習しよう」。主将の号令にならったナインは普段通り練習を重ねた。渋谷武史監督も「自分には何も言う必要がなかった」と称賛するリーダーぶりだった。

 「応援してくれる人たちを甲子園に連れていきたい」とする一方、「試合中に甲子園のことがちらついてしまってはいけない。ワンプレーを大事にして、結果が出ればいい」と七海。15年ぶりの栄光に挑む主将に、隙はない。