【夏の福島総評】聖光敗れ「空気変わった」 相次ぐ波乱

 

 激動の大会を象徴するように頂点に立ったのは第8シードの日大東北だった。初戦は延長10回と苦しんだが、準々決勝で第1シード東日大昌平を破った勢いそのまま18年ぶりの王座に駆け上がった。

 激動の予兆は大会序盤からあった。第5シード磐城、第6シード相馬東が初戦の2回戦で姿を消すと、大会中盤の準々決勝にはさらなる波乱が待っていた。

 14連覇を目指す絶対王者・聖光学院が第7シード光南に敗退。「空気が変わった」(県高野連関係者)との言葉通り、直後の試合で第3シード学法石川がノーシードの福島成蹊にコールド負けし、第1~第3シードが姿を消した。

 ノーシードも存在感を見せた。福島成蹊は創部初の4強で、昨年の代替大会を含め、2年連続の躍進だった。相馬は29年ぶりに8強、会津北嶺は創部以来初勝利(前身の旧若松一を含めると28年ぶり1勝)を挙げた。

 全試合が有観客試合で行われたが、新型コロナウイルスによる出場辞退校はなかった。ブラスバンドによる応援も認められ、「いつもの夏」の景色が戻ってきた。2年ぶりの甲子園を懸けた一戦一戦は、コロナ禍の閉塞(へいそく)感すら忘れさせてくれた。(高校野球取材班)

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ65チーム闘志