「夏の福島大会」7月9日開幕 22年度高校野球大会日程決まる

 

 県高野連は20日、郡山市で理事会・顧問会を開き、本年度の大会日程を決めた。夏の甲子園につながる第104回全国高校野球選手権福島大会は7月9日に開幕し、メイン球場をヨーク開成山スタジアム(郡山市)、サブ球場をいわきグリーンスタジアム(いわき市)として県内5球場で行う。決勝は同26日の予定。

 また第74回春季東北地区高校野球県大会は、5月14日に開幕する。会場は白河グリーンスタジアム(白河市)、あいづ球場(会津若松市)、みちのく鹿島球場(南相馬市)で、組み合わせ抽選会は同6日に開かれる。

 役員改選では、松浦冬樹会長と木村保理事長を再任した。任期は2年。部員不足の解消に向けて野球の普及振興活動の事業などを計画する普及振興部を新たに発足させ、部長に抽選委員の影山高見副委員長(須賀川創英館)を選んだ。さらに新型コロナウイルス感染症対策経費の負担増加を受け主催大会の大人の入場料金を500円から700円に引き上げることを決めた。

【高校野球】2022年度・各種大会「日程一覧」 福島県高野連