聖光学院・多田「よっしゃー」 チーム一の『大声』ナイン鼓舞

 
打撃練習を行う多田。チームで1番の大きな声でナインを鼓舞する

 厳しい日差しが照りつける練習グラウンドに多田仁樹(3年)の声が響いた。初戦まであと2日と迫る中、多田のチーム一の大きな声が仲間たちを鼓舞している。

 「よっしゃー」。打席に立った多田がひときわ大きな声で気合を入れた。中学時代は、遠くまで通る声のせいで友人からうるさがられてきた。しかし「今ではこの声がチームの役に立っている」のだという。出場機会が少なかった福島大会ではベンチからの声掛けで、ピンチを迎えたナインを何度も奮い立たせてきた。「実力はレギュラーにはかなわないが、声だけなら自分はレギュラー。自分の代わりはこのチームにはいない」と力強く言い切る。

 斎藤智也監督も「聖光の守護神であり応援団長」と欠かせない存在であることを強調する。「初戦でも自分の声を甲子園球場いっぱいにとどろかせ、グラウンドの選手とともに戦いたい」と多田。多田の声が初戦に臨むナインを後押しする。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

福島県大会進出「23校」決定 春季高校野球支部予選・日程終了