「二刀流」馬場が反撃口火 夏の甲子園、 攻守でチームもり立て

 
【近江-日大東北】5回裏日大東北無死三塁、奈須の中越えで三走馬場が生還し、次打者柳沼〈13〉に迎えられる

 日大東北の馬場央典(3年)は5回に中堅後方を襲う大飛球を好捕、その裏の攻撃では三塁打を放って好機をつくり、攻守でチームをもり立てた。

 相手先発山田陽翔(2年)に抑えられる苦しい展開で打席に立った。外角高めの直球を力強く引っ張り右中間を破ると、全力疾走で三塁に到達し、喜びを爆発させた。7回からはマウンドにも上がり、走者を背負いながら3回1失点に抑えた。ただ勝利とはならず「この仲間と試合できないと考えると悲しい。また皆とプレーしたい」と惜しんだ。

 主将・松川、食らい付いた

 「つなぐ気持ちだった」。日大東北の松川侑矢(3年)は9回、追い込まれながらもファウルで粘り、直球に食らい付いて中前打で出塁した。6回からマウンドに上がった近江のエース岩佐直哉(3年)を相手に打線が沈黙。これが唯一の安打となった。

 一方、初回の守備では一塁へのけん制がそれ、そのカバーに入った松川も三塁に悪送球するミスが絡んで先制点を献上。「ばたばたしてしまい、情けないプレー」と反省した。

 昨秋と今春は県中支部予選でも優勝がなく、県大会でもコールドを負けを喫するなど「最弱世代」と評されたが、今夏は試合を重ねるごとに成長を遂げた日大東北。主将として宗像忠典監督からのしった激励を受け止め、チームを束ねた松川は「主将をやって自信になった」と語った。

 【8月20日の日大東北・試合結果】全国高校野球選手権大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

福島県勢3主将が「闘志」 秋季東北高校野球、意気込みを語る