「センバツ」初勝利に向け始動 磐城ナイン、選出から一夜明け

 
選出から一夜明け、練習に取り組む磐城の選手たち=25日、いわき市・磐城高

 第92回選抜高校野球大会(3月19日から13日間・甲子園)の21世紀枠に選ばれた磐城は選出から一夜明けた25日、いわき市の同校で練習を行った。念願の甲子園出場が決まり、軽快に体を動かした選手ら。センバツ初勝利に向け、気持ちを高めた。

 選手たちは午前中に「休日課外」の学習に取り組んだ後、午後1時ごろから練習を開始。岩間涼星主将(2年)が「ここからまた一日ずつ頑張ろう」と呼び掛けた後、ストレッチやノックなどに汗を流した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ランナー『無念』...もう一度チャンスを 聖火リレー直前で中止