「センバツ」新型肺炎影響で無観客開催へ 高野連、11日に結論

 

 日本高野連は4日、新型コロナウイルスの感染拡大の中、大阪市で第92回選抜高校野球大会の運営委員会と臨時理事会を開き、兵庫県西宮市の甲子園球場で19日から予定されている選抜大会の通常開催を断念し、出場校に無観客での実施に向けて準備を要請することを決めた。

 開催の可否は11日の臨時運営委員会で最終結論を協議。無観客での開催を決定した場合でも、その後の状況によっては中止となる可能性がある。13日の組み合わせ抽選会は主催者による代理で実施。甲子園練習や開会式は行われず、スタンドでの家族や応援団による応援も認めない。

 出場校には15日まで練習試合、遠征合宿の自粛を要請する。第92回選抜大会には磐城や履正社(大阪)など32校が出場する。

 磐城・木村保監督「できることを準備」

 「21世紀枠」で46年ぶり3度目の選抜大会出場となる磐城の木村保監督は、日本高野連の決定を受け「できることを準備するだけ」と語った。今後、野球部としての全体練習は自粛し、いわき市内で個人による自主練習を続ける方針。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「夏季高校野球福島大会」対戦カード決定!初戦から強豪が激突