磐城高、センバツ開幕『直前』に大阪入り 新型コロナ拡大考慮 

 

 第92回選抜高校野球大会(19日開幕・甲子園球場)に21世紀枠で出場する磐城の木村保監督は5日、同校で福島民友新聞社などの取材に応じ、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を考慮し、開幕直前に大阪入りする方針を示した。

 従来は11日の大阪入りを計画していたが感染のリスクを下げようと日程を変更した。

 チームは15日ごろまでは全体練習を行わず、自主練習で調整するという。開催の場合の選手の移動手段は、今後専門家の意見を踏まえ決定する。

 同校の同窓会や野球部OB会などでつくる甲子園出場後援会は5日の役員会で、応援バスのキャンセルや、企業からの寄付金募集を停止することなどを決めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「夏季高校野球福島大会」対戦カード決定!初戦から強豪が激突