神奈川・東海大相模サヨナラV センバツ、大分・明豊に3-2

 

 選抜高校野球大会最終日は1日、決勝が行われ、東海大相模(神奈川)が明豊(大分)に3―2でサヨナラ勝ちし、2011年以来10年ぶり、3度目の優勝を果たした。東海大相模の3度の春制覇は歴代3位に並び、春夏合わせて5度の制覇は歴代6位タイとなった。サヨナラ勝ちで優勝を手にしたのは、2016年の智弁学園(奈良)以来5年ぶり。東海大相模は2―2で迎えた9回1死満塁から小島の中前打で試合に終止符を打った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

福島県大会進出「23校」決定 春季高校野球支部予選・日程終了