聖光、感謝の1勝 学校被災「残ったメンバーが心配だった」

 
初戦を勝利し、笑顔で応援席に向かう聖光学院ナイン=甲子園

 20日に行われた第94回選抜高校野球大会の1回戦で二松学舎大付(東京)に9―3で快勝し、第90回大会に続く初戦突破を果たした聖光学院。4年ぶりのセンバツで1勝をもぎ取ったナインは、16日の地震発生時、学校の寮にいた仲間への感謝の思いを胸に聖地で躍動した。

 16日深夜の本県沖を震源とする最大震度6強の地震では、学校所在地の伊達市も大きな揺れに襲われた。登録メンバーを含む約30人の部員はすでに大阪入りしていたため影響はなかったものの、同校の寮には30人以上の部員が残っていた。「残っているメンバーが心配だった」。赤堀颯主将(3年)は当時の心境を振り返った。

 学校は教室の天井の一部が剥がれたり、図書室の本棚が倒れたりするなどの被害があった。

 地震発生翌日の17日。現地に残っていた野球部の寮生は学校の片付けに加わった。校長室や図書室の片付けなど約4時間、精力的に作業した。その状況を知った赤堀は「みんなに感謝してプレーできればいいなと思う」と、決意を新たに甲子園のグラウンドに立った。

 初戦には学校関係者や保護者ら約800人が応援に駆け付け、ナインに声援を送った。勝利を見届けた小原孝嗣野球部保護者会長(53)は「地震の被害に遭った県民に元気を与えるプレーをしてくれたと思う」と選手をたたえた。

 試合後「はつらつと戦い、勝ちを届けることができてうれしい」と赤堀。全員でつかんだ1勝をかみしめながらも「次戦も食らい付いてしぶとく戦いたい」と高みを見据え、力強く語った。(熊田紗妃)