只見初回に併殺プレー「守備からリズム」 二塁手・室井が好守

 
【只見―大垣日大】1回表大垣日大1死一塁、併殺にする只見の二塁手室井(左)。右は遊撃手吉津

 只見の二塁手室井莉空(りく)(3年)は初回、好守で併殺を演出。チームは甲子園で初めての守備を無失点で切り抜け、勢いづいた。室井は「今までで一番楽しい試合だった」と振り返った。

 初回1死一塁、相手打者が放った鋭い打球はマウンド上の酒井悠来(同)に向かっていった。ボールは酒井のグラブをはじいたが、後ろに回り込んだ室井が二塁ベースを踏みながら捕球し走者を封殺。そのまま一塁に送球し、併殺にした。

 打撃では無安打。9回に上がったマウンドでは2失点という結果に反省を口にした室井。ただ、チームとして「最後まで笑顔で全力プレーを貫けた」と胸を張った。

 主将・吉津、打球さばき光る

 只見の主将吉津塁(3年)は「本当にあっという間だった。全員が一試合を通して全力疾走、笑顔でプレーができた」と試合を振り返った。

 遊撃手としての守備では対応力が光った。二回に2点を先制され、なお2死二、三塁の場面では飛んできた打球を丁寧にさばいた。「グラウンド状況が悪いことは分かっていた。しっかり対応できて良かった」と自身を評価した。

 昨年秋の東海大会4強を相手に善戦したものの、ここで満足はしない。吉津は「打撃も守備もレベルアップしてまた甲子園に戻ってくる」と力強く語った。