田村高に日本高野連表彰状伝達、センバツ21世紀枠候補推薦で

 
松浦会長から表彰状を受けた石川主将(左から2人目)ら

 福島県高野連は29日、来春の第95回選抜高校野球大会(センバツ)の21世紀枠県候補校として推薦した田村に、日本高野連表彰状を伝達した。

 同校で伝達式が行われ、松浦冬樹県高野連会長が石川蓮也主将(2年)に表彰状を手渡した。石川主将は「21世紀枠に選ばれ、甲子園で活躍できるよう頑張りたい。冬の課題は人間力強化。最終回に苦しくても、笑顔で乗り切れるチームを目指したい」と決意を述べた。尾形幸男校長や大友研也監督、部員らが同席した。

 田村は秋季県大会で3位に入り、東北大会に出場。地元の少年野球チームを対象とした野球教室開催や冬場の雪かきなど、地域貢献している点なども評価された。

 東北地区の推薦校は12月9日、21世紀枠を含めたセンバツ出場校は来年1月27日に発表される。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

自転車の34歳窪木、再び五輪へ 速さ進化、尽きぬ向上心