聖光学院、予選で敗れ「意地見せる」 春季高校野球福島県大会

 

 春季県大会2連覇中の聖光学院は県北支部予選で優勝を逃し、同支部第2代表での出場となった。斎藤智也監督は「まだまだ仕上がっていないのを露呈した」と振り返り、「東北大会の緊張感を経験するのが夏を戦うためには重要。意地を見せたい」と意気込む。

 学法石川「多くの試合を」

 一方、今季から学法石川の指揮を執る佐々木順一朗監督は、くじ抽選を部長に任せ、会場後方で組み合わせの行方を見守った。宮城県の強豪仙台育英から就任した佐々木監督は「まずは自分から足を踏み入れ、福島県のやり方を見たいと思っていた」と参加の理由を語り、「優勝よりも場慣れが大事。できるだけ多く試合をしたい」と語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院ナイン...潔く『聖地』去る 歩みに自信、最後は涙なし