須賀川・榊枝が逆転弾「当たった瞬間に...」 郡山に4-3勝利

 
【郡山―須賀川】3回裏須賀川2死一、三塁、逆転の3点本塁打を放ち、仲間と喜ぶ榊枝(右)=白河グリーンスタジアム

 須賀川が3回の3得点で逆転し、4―3で郡山を退けた。

 先制を許し、2回まで1安打に抑えられた劣勢の流れを一振りで変えた。3回に逆転の3点本塁打を放った須賀川の榊枝晃太(3年)は「バットに当たった瞬間に入ったと思った」と会心の一打を振り返った。

 「自分が打たないと」。大越琢朗(2年)の二塁打とボークや四球など相手投手の乱れからつかんだ、3回2死一、三塁の好機を見逃さなかった。

 インコースの初球をフルスイングすると、打球は左翼席に吸い込まれた。公式戦では自身初の逆転本塁打。生還後には仲間と喜びを爆発させた。

 練習後はほぼ毎回、自主練習に取り組む「努力家」(箭内寿之監督)だ。「無駄な時間は過ごしたくない」と強い意識でひたすらバットを振ってきた。春先には打撃の調子が上がらずに悔しい思いをしたという榊枝。1カ月ほど前から重心をさらに低くする打撃フォームの改良にも取り組んでおり、さらなる進化の兆しも感じている。

 「次の試合も必ず自分にチャンスが回ってくる。絶対に打って先制につなげたい」。地道な積み重ねが生んだ勝負強さでチームを勝利に導く。

 【5月19日の試合結果】春季高校野球福島県大会・第3日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院ナイン...潔く『聖地』去る 歩みに自信、最後は涙なし