聖光学院5失策...王者らしさなく 斎藤監督「弱いということ」

 
【聖光学院―東日大昌平】9回表聖光学院2死満塁、三邪飛に倒れる代打多田

 聖光学院は5失策に加え、打線もつながらず東日大昌平に6―2で敗れた。

 試合終了後、泣き崩れる聖光学院ナインの姿が、春の3連覇と10大会連続の東北大会出場が絶たれた悔しさを物語っていた。斎藤智也監督は「(支部予選でも敗れ)負けが2度続いたというのは弱いということ」と敗戦を素直に受け入れた。

 失策が5を数えるなど、堅実な野球が持ち味の聖光学院らしくないプレーが目立った。

 4点を追う最終回は満塁の好機をつくったが、最後は代打多田仁樹(3年)が三邪飛に倒れた。4回に同点打を放ちながらも最終回に凡退した主将の清水正義(3年)は「やってきたことを出し切れない自分たちの弱さがあった。上に向かうためのきっかけにしたい」と誓った。

 【5月20日の試合結果】春季高校野球福島県大会・第4日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

『晩秋の喜多方路』1088人走る! 蔵のまち喜多方健康マラソン