ふたば未来『初4強』 福島商に5-3、強打を抑えた好リード

 
【ふたば未来―福島商】創部5年目で初の4強進出を果たしたふたば未来=ヨーク開成山スタジアム

 中盤に勝ち越したふたば未来が追いすがる福島商5―3で下した。

 ふたば未来が創部5年目にして初の4強入り。「自分が面倒と思われてもいい。試合の流れを読んで投手に声を掛けるようにした」。強打の福島商相手に好投する先発国分渉(3年)を巧みにリード。2年生捕手の前川翔が躍進を続けるチームを支える。

 「(福商打線は)スライダーにタイミングが合ってなかった」と前川。先頭から2連打を浴び、この試合最大のピンチとなった7回。マウンドの国分に駆け寄り、「配球は変えず、低めのスライダーで勝負しよう」と声を掛け、最少失点で乗り切った。

 打撃でもチーム最多3安打2打点の活躍で存在感を見せた。2回1死二、三塁の打席では捕手ならではの視点を生かし、「前の打者が変化球で打ち取られていた。自分にもスライダーが来ると思っていた」と体勢を崩されながらも、狙い球を中前に運び、試合を振り出しに戻した。

 昨春準優勝の強豪を破っての準決勝進出。「野球をしてきた中で、一番幸せな瞬間。次戦も守備でリズムをつくり、先制して粘り勝ちしたい」と前川。新たな自信を胸にさらに上を見据えている。

 【5月24日の試合結果】春季高校野球福島県大会・第5日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院ナイン...潔く『聖地』去る 歩みに自信、最後は涙なし