東日大昌平・菊地『無安打無得点』達成! 相馬に7回コールド

 
【東日大昌平―相馬】7回参考で無安打無得点を達成した東日大昌平の菊地

 東日大昌平先発菊地が相馬を無安打無得点に抑え、7回コールド勝ちした。

 「(7回に)ノーヒットノーランが頭に浮かんだ。三振で締めれて良かった」。7回参考ながら無安打無得点試合を達成した東日大昌平の菊地雅久斗(3年)は笑顔で試合を振り返った。

 コールド勝ちまであと一人。7回2死二、三塁の危機でマウンドの菊地は捕手のサインに2度首を振った。「スライダーを見せてなかった。三振を取るならスライダーだと思った」。自信のある"決め球"を投げ込むと最後の打者のバットは空を切った。

 スライダーは思い入れのある球種だ。昨秋、聖光学院戦に先発したが、本来の実力を発揮できず降板。この試合で本塁打を打たれたのがスライダーだった。精度に悩んでいたところ、昨年のエース志賀恒太からのアドバイスが転機になった。「いつも抜けていたスライダーが指にかかり、自分の武器になった」と自信を取り戻した。

 優勝まで残り2戦。「チーム一丸で勝ち進みたい」。好投を続ける菊地が次戦へ闘志を燃やした。

 【5月24日の試合結果】春季高校野球福島県大会・第5日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院ナイン...潔く『聖地』去る 歩みに自信、最後は涙なし