日大東北・エース磯上「失点した分は打撃で」 学法福島退ける

 
【学法福島―日大東北】5回表2死二塁、勝ち越しの適時三塁打を放つ磯上

 中盤の好機に加点した日大東北が4―2で学法福島を退けた。

 日大東北は四回に磯上の本塁打で2―2の同点。5回には2死二塁から再び磯上の三塁打で勝ち越した。学法福島は初回の2点でリードを奪ったが、その後は好機をつくれなかった。

 日大東北のエース磯上航希(3年)は公式戦初本塁打を含む3安打2打点の活躍。「失点した分、自分の打撃で返そうと思っていた」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 4回の第2打席に同点本塁打を放つと、5回の第3打席はカウント2―2からの5球目を変化球と読み切り、勝ち越しの三塁打を放った。一方で初回の2失点など、先発を任された投球面は「百点満点中50点」の評価。我慢の投球にもかかわらず、自らのバットで勝利を引き寄せた。

 【5月24日の試合結果】春季高校野球福島県大会・第5日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院ナイン...潔く『聖地』去る 歩みに自信、最後は涙なし