日大東北、連続三塁打も粘り及ばず 3番手・長峯...悔しい投球

 
【東日大昌平―日大東北】5回に連打を浴び、マウンドで言葉を交わす日大東北の長峯(左)と捕手弓田

 日大東北は8回に連続三塁打などで2点を加えるなど粘ったが、及ばなかった。

 「捕手の構えたところにうまく投げられなかった」。4回から3番手でマウンドに上がった日大東北の長峯幸之助トーマス(3年)は5回の投球を悔しそうに振り返った。

 4回を無失点に抑えるとチームはその裏、印南裕斗(2年)の適時打で1点差に迫る。「流れがくると思った」と長峯。しかし5回、制球が乱れる。球が高めに浮き、四球などから1死二、三塁のピンチを招くと、連打を浴び3点を失った。

 打撃では2打点と気を吐いたものの、投球では東日大昌平打線を抑えきれず、7失点と満足できない内容。「勝ちにこだわってやっていきたい」と3位決定戦へ気持ちを切り替えた。

 【5月25日の試合結果】春季高校野球福島県大会・第6日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院ナイン...潔く『聖地』去る 歩みに自信、最後は涙なし