日大東北...「逸機」響く 盛岡大付に1-5、平野が意地の一発

 
【盛岡大付―日大東北】初戦で敗れ、肩を落とす日大東北ナイン=山形市・きらやかスタジアム
1回戦
1
2
3
4
5
6
7
8
9
日大東北
0
0
0
0
1
0
0
0
0
1
盛岡大付
2
0
2
1
0
0
0
0
X
5

 日大東北は打線がつながらず、着実に得点を重ねた盛岡大付に1―5で敗れた。

 「点を取れば流れが変わると思った」。公式戦初本塁打を放った日大東北の平野勝(2年)は敗戦に悔しさをにじませた。

 県大会代表決定戦以来、2度目のスタメン起用に「気合が入っていた」と平野。初回に左中間を破る二塁打で先制の好機をつくると、5回には高めの直球を強振して右翼スタンドに運んだ。県大会中に打席でのルーティーンを変えたことが好調の要因といい、「食らいつく打撃ができている」と手応えを語る。

 一方でチームは攻守に精彩を欠き、初戦敗退。宗像忠典監督は「先制の好機を逃して出鼻をくじかれた。打線を強化しないと」と夏へ向けて課題を口にした。

 日大東北主将・弓田、打撃を反省

 日大東北の主将弓田公幾(3年)は「打線につながりがなかった」と無安打に終わった自身の打撃を反省した。

 守備では捕手としてマウンドに何度も駆け寄り、投手陣をもり立てた。三回途中から2番手で登板した古川蓮(同)の緩いカーブに相手打者が合わないと見るや、直球を見せ球にカーブで打ち取る配球を組み立て、最少失点に抑えた。「点を取られる中でどう抑えていくかが課題」と前を向いた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

『晩秋の喜多方路』1088人走る! 蔵のまち喜多方健康マラソン