東日大昌平、序盤大量失点「力不足だった」 仙台育英に敗れる

 
【東日大昌平―仙台育英】仙台育英に敗れ、肩を落とす東日大昌平ナイン=中山町・荘銀日新スタジアム
準々決勝
1
2
3
4
5
6
7
8
9
仙台育英
4
4
0
3
0
11
東日大昌平
1
0
0
0
0
1
(5回コールド)

 東日大昌平は投手陣が踏ん張れず、序盤の大量失点で仙台育英に1―11で敗れた。

 力の差を見せつけられた。この日1打点の東日大昌平主将、増子颯(3年)も「力不足だった」と認めるしかなかった。

 仙台育英とは4月に練習試合を行い、3―6で敗れた。雪辱を晴らすべく臨んだ試合は初回から4点を先行される。その裏の攻撃、1死満塁の好機で打席に立った増子。「イメージ通りにいかなかった」と三ゴロに倒れたが、その間に三走菊地雅久斗(がくと)(同)が生還し1点を返した。

 2回以降もずるずると失点、4強が懸かった試合で力を出し切れないまま10点差のコールド負け。伊藤博康監督も「ふがいない」と奮起を求めた。「相手に左右されずに自分たちの野球を貫かないと」と気持ちの弱さを課題に挙げた増子。夏の福島大会まであと1カ月。初の甲子園へ、東日大昌平ナインが課題に向き合う。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

『晩秋の喜多方路』1088人走る! 蔵のまち喜多方健康マラソン