「春季東北高校野球」中止決まる 新型コロナ、感染拡大を受け

 

 東北地区高校野球連盟は13日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、6月2日から秋田県で開催を予定していた春季東北地区高校野球大会を中止すると発表した。

 13日開いた東北6県の臨時理事長会議で決めた。同連盟によると、宿泊や県外への往来など感染防止対策が徹底できないことから判断。開催を延期した場合、夏の地方大会に影響があることも考慮した。

 本県からは県大会の上位3校が出場する予定だった。県高野連の木村保理事長は「大会の機会を失うことは残念で、苦渋の決断。県大会をやり切れるようにしたい」と話した。県高野連は春季高校野球県大会を予定通り15日から開催する。夏の選手権のシード争いもあるため、決勝のほか3位決定戦まで行う。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

日大東北、18年ぶりV!夏の高校野球福島 光南に5-4