「自分が打たなければ」ふたば未来、4番の責務

 
【ふたば未来―福島東】延長10回表ふたば未来1死二、三塁、決勝の打点を挙げた熊田=白河グリーンスタジアム

 ◇春季東北地区高校野球福島県大会・第1日(18日・白河グリーンスタジアムほか7試合)

 ふたば未来 3―2 福島東

 「中軸として自分が打たなければならないと思った」。タイブレークの10回、ふたば未来の熊田陽太(2年)が試合を決める一打を放ち4番の責任を果たした。

 2―2の同点で迎えた10回表1死二、三塁の場面。低めのスライダーを打った。打球は内野ゴロとなったが、相手が一塁に送球する間に三塁にいた草野龍弥(同)がホームベースを踏み勝ち越した。

 次戦の相手はいわき支部予選で優勝した実力校の磐城。「打撃力で負けず、勝ちたい」と意気込んだ。

【5月18日の試合結果】春季高校野球福島県大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

いわき秀英・坂部、女子800制す 東北高校陸上、直線で突き放す