東日大昌平、田村など8強入り 春季高校野球福島県大会

 

 第76回春季東北地区高校野球県大会第2日は19日、白河グリーンスタジアム(白河市)など3球場で2回戦8試合が行われ、ベスト8が決まった。

 ポニーリーグNARAHAスタジアム(楢葉町)では、東日大昌平が県中支部覇者の日大東北との接戦を7―5で制した。白河グリーンスタジアムでは、田村が会津支部優勝の会津学鳳に7―5で競り勝った。あいづ球場(会津若松市)では、4連覇を狙う聖光学院と今春の選抜高校野球大会に出場した学法石川が、いずれもコールド勝ちで準々決勝進出を決めた。

 同日で前期日程が終了。後期日程が始まる22日は、白河グリーンスタジアムとあいづ球場で準々決勝4試合が行われる。

 【5月19日の試合結果】春季高校野球福島県大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

いわき秀英・坂部、女子800制す 東北高校陸上、直線で突き放す