湯本が好機に着実加点、会津農林振り切る 志賀、チームに流れ

 
【会津農林―湯本】3回表湯本2死二塁、同点に追い付く適時三塁打を放つ志賀=白河グリーンスタジアム

 中盤に逆転し追加点も挙げた湯本が会津農林を7―4で振り切った。

 「頼む。抜けてくれ」。1点を追う3回2死二塁で湯本の志賀琉哉(2年)が放った同点打がチームの雰囲気をがらりと変えた。

 2回2死から死球と失策で先制を許した湯本。「流れが良くなかった」と振り返る。だが、相手に傾き掛けていた流れを志賀が止めた。「ストライクの直球を狙っていた」。2球目の真ん中低めに入った直球を打ち返し、試合を振り出しに戻した。硬さが取れた湯本は3回の守備を無失点で切り抜け、4回に一挙3点を奪い、勝ち越した。

 2年連続で秋の県大会で8強入りした湯本。昨年は3位決定戦で学法石川に敗れ、東北大会出場に一歩届かなかった。「東北大会に出場できるように自分の持ち味である思い切りのよい打撃をしていきたい」。先輩の果たせなかった悲願の東北大会出場に向けて、志賀が闘志を燃やした。

 【9月17日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・第4日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝...早くも『監督バトル』 酒井、大八木監督ら決戦前に