福島商、学法石川の反撃振り切る エース大内、要所締める力投

 
【学法石川―福島商】学法石川打線を2点に抑え、完投勝利を挙げた福島商の大内=ヨーク開成山スタジアム

 福島商が3回の集中打で試合を決め、学法石川に4―2で競り勝った。

 「最後は自信のある直球」と決めていた。最後の打者のバットが空を切ると福島商のエース大内良真(2年)は、ガッツポーズで試合を締めくくった。

 最速140キロの直球を内外に投げ分け、前の試合で19安打を放った学法石川の強力打線を8安打2失点に抑え込んだ。

 好投は今夏の敗戦が糧になっている。決勝の聖光学院戦で先発し、5回6失点。「あの打線に真っ向から立ち向かえた2年生は自分しかいない」。甲子園こそ届かなかったが、あの時の悔しさは今、自信に変わった。

 準決勝の相手はその聖光学院だ。「自分たちの野球をすれば負けないはず」と大内は言う。昨秋から4季連続の対戦となる因縁の相手、あとは全力でぶつかるだけだ。

 【9月22日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・第5日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝...早くも『監督バトル』 酒井、大八木監督ら決戦前に