終盤に本領発揮『郡山打線』 開幕戦で勝利!会津学鳳に8-2

 
【郡山―会津学鳳】2回表郡山1死一、二塁、チームに先制点をもたらす適時二塁打を放つ鈴木真=白河グリーンスタジアム

 開幕戦は終盤に打線が本領を発揮した郡山が会津学鳳を8―2で退けた。

 開幕戦の硬さが抜けないチームに貴重な先制点をもたらした。2回に2点適時打を放った郡山の鈴木真色(2年)は「開幕戦で勝つことできてほっとした」と笑みをこぼした。

 鈴木真の努力が結実した一打だった。夏の福島大会にも出場したが、課題としてたインコースを攻められ打撃に苦しんだ。

 3年生引退後には、「次は自分たちだ」という気負いもあって調子も落としたという。

 「自分に足りない部分を練習するしかない」。課題克服のため、日ごろの練習からインコースを重点的に打ち込み、腰の使い方も意識して素振りを重ねてきた。

 手応えを感じ始めた中で迎えたこの日の試合。「迷わず振れた」と、苦手だったインコースの直球を振り抜き、右越えの豪快な先制打を放ってみせた。

 「勝つためにチーム全体で(打線を)つなぎ、場面場面で自分の役割を果たしたい」。次戦に向け鈴木真は意気込む。

 【9月13日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・第1日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球東北大会」開幕 センバツ懸け福島県勢3校出場