福島成蹊「8強」初進出 若松商をコールド、西脇が攻守に躍動

 
【若松商―福島成蹊】攻守でチームを引っ張った福島成蹊の西脇=ヨーク開成山スタジアム

 集中打でリードを広げた福島成蹊が若松商に8―0で7回コールド勝ちした。

 福島成蹊が創部初の県大会8強入り。攻守に活躍した捕手西脇空也(2年)は「一つ一つ勝って行くのが目標だが、うれしい」と安堵(あんど)の表情を見せた。

 若松商は夏の福島大会初戦で敗れた相手。「絶対に勝ちたい」と強い気持ちで臨んだ。直球を中心に、外角で勝負する先発八巻悠人(同)の投球をリードし、相手打線を封じた。打撃でも攻撃の口火となる先制打を放ち、チームを勢い付けた。

 【9月15日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・第3日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球東北大会」開幕 センバツ懸け福島県勢3校出場