東日大昌平『逆転劇』...中盤集中打「7点」 光南を8-4下す

 
【東日大昌平―光南】5回裏東日大昌平、2死二、三塁、勝ち越しの2点適時打を放ちガッツポーズする黒沢=白河グリーンスタジアム

 中盤の集中打で逆転した東日大昌平が光南を8―4で退けた。

 5回に勝ち越しの2点適時打を放ち、勝利を呼び込んだ東日大昌平の黒沢武(2年)は「自分の一打で流れが変わってうれしかった」と安堵(あんど)の表情で振り返った。

 同点としなお2死二、三塁の好機。伊藤博康監督から「結果は気にせず思いっきり自分を出していけ」と声を掛けられ、内角高めにきた狙い球の直球を左方向に運んだ。「打った感触で抜けたことが分かった」とガッツポーズで一塁に向かった。その後三塁に進んだ黒沢は一走大平峻輔(同)の盗塁に合わせ、相手の隙を突く本盗。「練習していた形」と足でも追加点を挙げた。

 初戦から3戦連続の逆転勝利。「何点取られても最後まで諦めない気持ちが大切」と黒沢。次戦に向け「力を抜く試合はない。気持ちを入れてやっていく」と粘りの野球で決勝を目指す。

  【9月21日の試合結果】秋季高校野球福島県大会・第4日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

福島市チーム14年ぶり総合優勝 ふくしま駅伝、町の部は石川町