学法福島、序盤『足攻』主導権 エース・辻垣が107球「完投」

 
【学法福島―東日大昌平】9回1失点の好投で、チームの勝利に貢献した学法福島のエース辻垣=白河グリーンスタジアム
準決勝
1
2
3
4
5
6
7
8
9
学法福島
1
1
0
2
0
2
0
0
0
6
東日大昌平
0
0
0
1
0
0
0
0
0
1

 第71回秋季東北地区高校野球県大会は22日、白河市の白河グリーンスタジアムで準決勝2試合が行われ、初優勝が懸かる福島成蹊と53年ぶり3度目の優勝を目指す学法福島が決勝進出を決めた。福島成蹊は7―6で磐城に逆転勝ち、学法福島は6―1で東日大昌平を退けた。福島成蹊は初、学法福島は8年ぶり6度目の東北大会出場を決めた。

 「先輩が成し遂げられなかった目標を達成できた」。初戦から一人で投げ抜く学法福島のエース辻垣高良(2年)が107球の完投勝利で、チームを8年ぶりの決勝と東北大会出場に押し上げた。

 序盤は自信のある直球で勝負して3回までを無失点。中盤以降は打者に的を絞らせないようにスライダーを中心に投げ込む計算だった。

 しかし、相手は3試合連続逆転勝ちの東日大昌平。「そろそろ東日大昌平劇場が始まるんじゃないか」。辻垣の嫌な予感が的中したのは4回だった。四球などで無死満塁のピンチ。1点を奪われたが、内野陣と「打たせて取る野球」を再確認し後続を併殺に打ち取った。

 連投で球威が落ちてもマウンドに立ち続ける辻垣の胸には、夏に悔し涙を流した先輩エースの存在がある。辻垣はこの日、夏までのエースナンバーを背負った相曽友輝(3年)のユニホームを着て試合に臨んでいた。「悔しい思いをした相曽さんと一緒に戦う気持ちだった」。応援席で見守った相曽ら引退した3年生に成長した姿を見せた辻垣。昨年は出場を逃した決勝の舞台で、チームを53年ぶりの優勝へと導く。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球東北大会」開幕 センバツ懸け福島県勢3校出場